07ルビアスとカルディアKIXのオーバーホール

2018年になってしまいましたね

年末にやろうと思ってたリールのオーバーホールが年明けになってしまいました

IMG_20180103_160618.jpg

まずはカルディアKIXから

カルディアKIX前にばらしたので同じ手順で逆転切り替えスイッチ(正式な名前は知りませんw)以外を全分解!

ついでにラインローラも分解してみたら全く回らなかったので、今度ベアリングに換装するかな

IMG_20180101_173750.jpg

ちなみにカルディアKIXは逆転切り替えスイッチのシャフトが邪魔をしてドライブギヤが外しにくいのですが、オンとオフの中間の状態にするとすんなりと外れます

IMG_20180101_181744.jpg

全分解したら、ギヤとメインシャフトはパーツクリーナーでぶしゅーーっとして

IMG_20180101_193216.jpg

他の樹脂パーツや細かいパーツはキッチンペーパーでフキフキします

パーツクリーナーはホームセンターで300円くらいのやつです

IMG_20180104_152242.jpg

あと、パーツクリーナーは外で使いましょう(笑)

ボディとかベアリングとかもキッチンペーパーでふきましょう
ベアリングは元からグリスが封入されているようなので、パーツクリーナーで脱脂しない方が無難ですね
調べてみると、脱脂してしまって逆にシャリシャリになるケースもあるようです。

駆動部と関係のないところがべたついているのはギヤに塗られているグリスやベアリングに封入されているグリスがあふれ出ているためです

ここまできたら、ギヤの歯面にグリスを塗って元どうりに組み直して行きます

グリスは純正のやつにしました

IMG_20180104_152255.jpg

回転させた感じではグリスアップ前と変わらない(私が感じないだけ?)気がします(笑)


続いて07ルビアス

IMG_20180102_085241.jpg

こちらはカルディアKIXと違ってほとんどのねじがタッピングビスです
一度組み上げたら二度と分解する必要ないというダイワさんの自信を見て取れる設計です。

めっちゃゴリ感出てますが(笑)

中身はカルディアKIXと全く同じようなので(ベアリングが一個多いだけ)同じように分解、洗浄、組み上げしました。

IMG_20180102_155137.jpg

ここで、一つルビアスの罠としてはエンジンプレートのねじが左右で違うということで、左側のエンジンプレートが普通のねじで右側がタッピングねじです。知らなかったら間違えそうです。

組み上げた感じとしてはゴリ感が少しマシになったくらいで相変わらずのギヤノイズ

ベアリングがへたっているのでしょうか?

とりあえず今度シム調整を試してみます。

2017年最終戦!豆アジング

2017年最終戦となってしまいましたが…

アジング(例によって日本海でなく太平洋です)

アジングといえば、常夜灯

IMG_20171209_214802.jpg

ということで、アジもアジンガーも寄ってきます

適当に投げれば釣れるってわけでもなく、潮の動くタイミングのみ釣れるという状況

しかも、今年生まれの豆アジ

IMG_20171209_174408.jpg

そして、アジがいなくなると

豆メバルが釣れ始めます(笑)

IMG_20171209_175010.jpg

しょぼい釣果でしたが…

IMG_20171209_220812.jpg

常夜灯が多くて雰囲気は良かったです(笑)

最後まで御覧いただきありがとうございます!

他の方々の最新釣果は以下から見ることができます。


にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

リール分解初心者のカルディアKIXの分解・修理

リールを適当に置いておくと、不慮の事故というものがどうしても発生してしまうもので…

うちのカルディアKIXの場合は不幸にもドラグノブから真っ逆さまに落下してハンドルが半分しか回らない+メインシャフトが上下しないという現象に…

メーカーに修理に出しても工賃だけで5000円は取られるのが確実なので、中古で8000円くらいで売ってるリールに5000円も出せるかっっ!

ということで…

自分で修理してみる

因みに、リール分解は完全に初めてです(笑)

※マグシールド搭載機では分解したら機能が失われる可能性が高いです。私はマグシールド搭載機は買う予定はありません。トラブルが起こるたびにメーカーに修理に出すのはめんどくさいので(笑)


分解して、もしギヤが破損していたら部品を取り寄せしたらいいだろー
と思ってたら、ダイワさんは下位機種以外はギヤは売ってくれないみたいですねΣ(゚д゚lll)ガーン
マグシールド搭載機はギヤの販売していないことは予想していたのですが、マグシールドがない古いリールでさえ売ってくれないとは…

メーカーに修理に出してね!!ってことですかね(実際に修理しているのはダイワの子会社ですが)

では、いざ、分解!

IMG_20171117_213615.jpg

スプールを外して最初に外すのは五角形の留め金です
ふっとばさないように注意しながら外して、アルミカラー(高級リールはアルミカラーがベアリングになってます)とドラグをカチカチ言わせている部品を外すといかにもsteelなスプールメタルが現れます

IMG_20171117_213833.jpg

スプールメタルの側面に刺さっているピンを外すとスプールメタルが外れ…   ない(笑)

何回か外そうと引っ張ってたら突然外れました

次に、ローターを止めている六角ナットを止めているねじを外したら六角ナットを外すと、ローターが外れます
因みにハンドルを先に外しておくと作業がラクです

IMG_20171117_222606.jpg

ローターを外したら見える小さな2つのプラスねじが曲者です。(画像では全く見えませんね。スイマセン。)
このねじはすごく硬いので生半可な気持ちで挑むとナメます。(ねじの頭が)

IMG_20171117_223000.jpg

このサイトの方がやっている方法がオススメです。絶対にナメないので

http://tsukimonomitaina.seesaa.net/article/365087750.html

上記のサイトを見てもらったら分かりますが、自分は片手でリールとドライバーを持つことは不可能だったので(手の大きさにもよります)、ひざの上においてドライバーをおしつけ、ペンチで回しました。

2本のねじを外したらワッシャーとワンウェイクラッチが外れます

IMG_20171117_235157.jpg

さらに奥に3本のプラスねじが見えると思いますが、こいつも硬く締まっているのでさっきと同じ方法で取り外します。

外したら、ベアリングとピニオンギヤが外れます

全部外した図がこんな感じです。右側の部品から順に外していく感じです。

IMG_20171117_235552.jpg

ピニオンギヤを外すとボディの分解に取り掛かります

下のカバーと側面のカバーを外していきます

IMG_20171117_223337.jpg

本体の左側にはベアリングとドライブギヤ、右側にはベアリングが見えますが、それらも外していきます。

右側のベアリングがすごい精度でハマってたので反対からドライブギヤを動かして外しました

IMG_20171117_224641.jpg

実は、先にボディの方からばらしていたのですが、ピニオンギヤとメインシャフトが邪魔過ぎてドライブギヤが外せなかったので、間違いなく先にピニオンギヤを外すことを勧めます(笑)

ドライブギヤを外すと故障の原因が判明

プラスチック製のオシレートギヤの突起とメインシャフトの溝が外れているだけでした。

IMG_20171118_001053.jpg

ギヤ自体には破損がなかったのでメーカー修理は不要でした。ていうか、ギヤが破損しているとき以外、メーカー修理は必要なくね!?

IMG_20171118_001249.jpg

オーバーホールなら、パーツクリーナーで掃除して、再びグリスをつけて組み直すのですが、ギヤ用のグリスを持ってないので(スプレータイプじゃない方のグリスです。リールメンテ初心者なので持ってない)、ひとまずそのまま組み直して終了です。

IMG_20171118_030731.jpg

復活!!

初心者でもねじさえナメなければ簡単にリールのオーバーホールができるみたいですね

今度、もう一個のルビアスも同時にオーバーホールして(俗にいうゴリ感がすごいので)ちゃんと細かい手順を記事にしようと思います


最後まで御覧いただきありがとうございます!

他の方々の最新釣果は以下から見ることができます。


にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村